矯正治療


●矯正治療はどうして必要?

●代表的な不正咬合

●いろいろな矯正装置



 矯正治療はどうして必要?

歯並びや咬み合わせが悪いと、虫歯や歯周病になりやすかったり、食べ物をよく噛めず、
胃腸に負担をかけることになります。
また、人前で口を開けて笑えなかったりなど心の健康を害することもあります。
歯並びを治す矯正歯科治療は,病気を治すのと同様に歯の正常な咀嚼機能を取り戻し、
健康な体と心を作るための歯科治療です。

代表的な不正咬合として
@上顎前突A反対咬合B叢生(凸凹)C開咬(上下の歯がかみ合わない)などがあります。



 代表的な不正咬合

上顎前突 ・・・・・ 上の前歯や歯列全体が前に出ている状態をいいます。(下の歯が後退している場合もあります)

         



反対咬合 ・・・・・ 下の前歯が上の前歯より前に出ている状態です





叢生 ・・・・・ 八重歯や凸凹のように歯の生える場所が足りない状態です





開咬・・・・・ 咬みあわせた時、上下の歯にすき間がある状態です。








 いろいろな矯正装置

矯正治療に使う装置にはいろいろなものがります。不正咬合の種類・歯の萌出状況・治療方針によって使用する装置が決まってきます。(下の写真はその一部です)



固定式の装置

                 
           マルチブラケット          マルチブラケット(クリアタイプ)       マルチブラケット(セクショナル)

                           
                リンガルアーチ                    クアドへリックス


取り外しのできる装置

                     
                 拡大床装置             歯列矯正用咬合誘導装置(MUH)


保定で使う装置

                     


その他

                 
                         歯列矯正用アンカースクリュー
                          (マルチブラケットの補助装置)